豊胸手術の基本


豊胸手術の種類

豊胸手術にはいくつかの種類がありますが、主流なのは生理食塩水バッグやシリコンバッグなどの人工物を入れる方法です。入れる人工物によって長所や短所があるようです。

豊胸・バッグ挿入前 豊胸手術・バッグ挿入の様子 豊胸・バッグ挿入手術後
術前
 
術中
 
術後

豊胸・バッグ挿入手術前 豊胸・シリコン挿入後
術前
 
術後
スポンサード リンク

豊胸手術自体は下図のように挿入する人工物(インプラント)をワキや乳房の下を切開して挿入します。傷痕が目立ちにくい場所にするのが一番の狙いです。ワキの下の場合は、大胸筋の下に入れやすいというメリットがありますが、ノースリーブなどを着たときに見えてしまうというデメリットもあります。
乳房の下は切開する大きさが小さくて済むというメリットがあり、実際には隠れて意外と目立ちにくいようですが、やはり気になってしまうものかもしれません。他に、乳輪に沿って切開する方法もあります。

豊胸・シリコン挿入の様子
挿入部位
豊胸手術 <<
スポンサード リンク
  [他カテゴリのオススメ記事]
腋毛
手掌多汗症
ボトックス注射
スマートリポ
脂肪吸引
エンダモロジー
セルサージュ
背中のにきび
フォトフェイシャル
肌年齢と老化

Copyright (C) 2005 Qwintet Inc. All Rights Reserved.