バストアップの材料


豊胸手術で使用する人工乳房

シリコンバッグ

豊胸手術で世界的に最も古くから利用されているのがシリコンバッグです中には液状のシリコンジェルが入っている。柔らかく感触は良いようですが、バッグが破損すると内容物が体内に漏れ出してしまうリスクがあり、アメリカのFDAでは認可をしていません。

とはいえ、心配された乳がんや自己免疫疾患などとの関係もないようで、ヨーロッパでは現在も頻繁に利用されているようです。

コピーシブシリコンバッグ

この改良型がコヒーシブシリコンです。コヒーシブシリコンとは、グミを柔らかくしたような液漏れしないタイプのシリコンです。以前は柔軟性の無さが問題となっていたようですが、現在では改良が加えられかなり柔らかいものになっているようです。現在最も良く利用されているのではないかと思います。

スポンサード リンク

コヒーシブシリコンバッグ 生理食塩水バッグ CMCバッグ
コヒーシブ
生理食塩水
CMC

生理食塩水バッグ

生理食塩水を入れたバッグも良く利用されています。生理食塩水なので万一、漏れ出しても深刻な副作用が出にくいという安全面、バッグを挿入する切開が小さくて良いという傷の問題、大きさを細かく調整できる点などが利点です。ただし、形状が不安定だったり、飛行機などで気圧が低いと膨らむなどのデメリットもあります。

CMCバッグ

CMC(カルボキシメチルセルロース) を使用したバッグで、触感が最も人の乳房に近いということで利用されているが、アメリカのFDAやフランスで内容物が漏れた場合の副作用についての指摘がなされていて、安全性が確認できていないようです。

豊胸手術の基本 <<
スポンサード リンク
  [他カテゴリのオススメ記事]
ボトックス注射
たるみ
リンパマッサージ
ターボセル
二重切開法
レーザー脱毛
ヒアルロン酸注入・注射
フェザーリフト・アプトス
フォトフェイシャル
肌年齢と老化

Copyright (C) 2005 Qwintet Inc. All Rights Reserved.